きれいの正体

昼間 FBにこんな投稿をしました


きれい について
美しい人について
考えている。

旦那をご存知のかたは想像しやすいかと思うが
義母の造形、とくに目は吉見さんに似ていて切れ長ではっきり二重で、ときに物凄くクールな眼差しや、あるときは笑顔であたたかい。造形はおそらくきれいな人種だ。なのだが、お義母さんを そういえば きれい と思ったことがない。お義母さんはあたたかで、時々面白いという印象になってしまっている。
家族は近すぎるので、引いて きれい とみるのは難しいかもしれない。

いっぽう
造形はおそらくさほど目にとまるわけではないのに
きれいと感じる人がいる。

年齢重ねるほどに
それは顕著に
でてくる。と思う。

きれいについて考えるのは
なかなか楽しい

そういえば
チロさんは
きれい な猫の類いかもしれない。

たまに恐いくらいだ。
お腹がすけばいつまでも迫りくる。寒ければ唸りだす。
朝活も健在。
人が起きるまで枕元でなく。諦めない。

欲求には猛烈実直。

きれいな秘訣、、、
チロの真似をそのまましたら嫌われそうである。


チロは素直だ。

動物や赤ちゃんは素直

本性に素直

素直な人は 光るオーラを発する

涙を流す人にハッとし

喜びの拍手にジーンとくる

素直な気持ちは大なり小なり感動を呼ぶ

素直になるとき

ピュアなとき

たいていドキドキする

少し体温が、心拍数が僅かにあがるような氣がする

きっと細胞の振動数があがり、光るような感覚を受けるのではないかな。

自分に素直に
自分の欲を知る、そして欲をちゃんと昇華する

そんな人は見ていて気持ちがいいです

広告

上質

今週末は演目をいくつか拝見した

24金 師匠が出演 小唄の会
25土 一人に一曲 黒沢みかさん追悼企画
26日 銭湯DJ サポートスタッフ

3日間各種違う演目を前にして
考える契機となった

質がダントツによかったのは 小唄の会

師範級のみなさんによる三味線と唄
それぞれの声音の違いも興味深く
どの方も上質の技術
小唄を知らない方でも聴けるのではなかろうか
ハプニングさえ こちらの観る力を全力モードに変えてしまう

25は様々な身体を観たい欲求にかられて
はるばる大倉山へ
2時間に及ぶ即興、様々な身体とダンス
目が覚める瞬間も 退屈なときも
多種多様なものが在り

26は銭湯バカンスの一企画 銭湯DJのサポート
お客さんがノリノリで楽しそう
しばし目前で拝見したDJプレイ

ジャンル違えど
即興で楽しんで場を創り上げる力にあっぱれ

そうやって3日間を振返り
つまるところ惹かれるのは

上質なダンス、身体パフォーマンスアート

手掛けるなら創るならオドルなら

響いてくるのは『上質』

やりたいことをあれこれやってみた30代40代前半をすぎて

わーーーーーーーーーっ
ぎゃーーーーーーーーっ

ひーーーーーーーーぃっ

 

響くのは上質

『上質』な身体を まず創ろうと思う

言うのは容易い

すべらかであり
気配があり
臨機応変であり
重みあり
軽みあり

空気を動かし
喜びであり

細胞粒子が微細で遠く迄届く

その場を空気を変える からだ

丁寧に稽古を
丁寧に毎日を
喜びの日々を

 

まずは、気持ちをざわざわさせる要らないものを
片付けましょ
環境と身体も影響を受けあっている
つながっている

 

 

 

 

16年前のスカート

自撮り

 

はしゃいでいます

スカートが誉められて 浮かれています

16年くらい前に買ったリバーシブル 作家さんの手作り

ようやく似合うようになってきました ようやっと

自撮り掲載 実はハラハラ 迷うも

肝だめし

なんでもありでござい と自分をあやし

さて

新作にむけて(いつ発表するかなんて何もみえてませんよ)

ちびっと稽古はじめました

まだ山のものとも

海のものとも

イメージがふわりとあるのみ

これからです

 

 

血筋ウィーク

母と、叔母二人と、従姉妹と 自分 女5人で
久しぶりにご飯を食べました

毎度恒例 お土産の山 ^^;

今日は持っていったお土産の倍以上の重さで帰りつきました

同じ血筋の女たち

いっしょに食べて話して笑うちょっと涙もろくなる
また会おうね

そういえば実は
先日の日曜日 銭湯でのオドリ
バッハの曲を流していたとき
死者との交流がテーマでした

おばあちゃん お父さん あーさん

血の通った
命の出所が近しい人たちといっぱい交流した
血筋ウィークでありました

かつて思い込んでいたこと  自分でかけた呪縛      解除されてきていて

意識の変化も感じた日でした

 

歩こう

日々できるだけ歩くようにしています

歩くと、代謝があがり
血液の巡りがよくなり あったかくなる
脂肪も分解されやすいし 気兼ねなくおやつが食べられるから

歩くと、考えがまとまる クリアになります
悶々としてきたら歩くと
なんだったけか?とすっきりすることが多く
あ、瞑想するときもあります
歩く瞑想もおすすめです
息を歩みに合わせるだけ  吐いて一歩、吸って一歩。吐いて2歩、吸って2歩でもいいです。

そして歩くと、脚が引き締まる!
歩かない日は、脚がぶよっとしています
朝起きると鏡でからだのラインを確認するのですが、
前日にどんな運動をしたかで翌日脚のラインは変わり

『がんばって』言い換えると『力んで』動いた翌日は、マッチョっぽくなる
『ゆるやかにほどよく』歩いた翌日はラインもよく、調子もよいです

歩くと元気になる 氣が満ちる 晴れます!
これは、一定のリズムで腸がゆれて刺激となりセロトニン〜ハッピーホルモンが出るという仕組みも関連しています

歩くってタダ
ただで元気と健康が手に入る!

最近 身をもってわかってきました

 img_20171121_1754261811992522.jpg↑ 26歳ニャンコも、日々歩いています 正確には 老ネコ初期より 歩くように促して足腰強化を心がけてきました

そして歩くこととヨガと
両方組み合わせてあげると健康に
とってもいいです
とくにヨガの前に歩くといいですよ

ヨガクラス寒い冬も開催しています
試しにぜひ歩いていらしてください
^^


自然な自分にもどる ヨガクラス
毎週月 19:00~20:30  土 10:30~12:00
チャクラヨガ (月に1~2回)
問い合せ yahiro8☆ac.auone-net.jp(☆を@に変えて送信してください)

お江戸を体感
北斎ヨガ HOKUSAI YOGA
北斎の絵を手本にヨガ。肚の大切さを知っていた江戸っ子たちの身体を体感できるヨガhttp://hokusaiyoga.com

伝える人

 

今日の夜のヨガ
お客様とお話できてたのしかったです

ヨガを伝えるなかで『氣』的な流れをお客様が味わっているとき
その姿は美しく 佇まいが、気配が静かで穏やかで 好きです

逆立ちとか ちょっと難しいポーズに挑戦するアクティブな姿も
見ていてワクワクします ドキドキします

ダンスを見ていいなぁと感じるときと似ているなぁ

ヨガにしても障害のある方へのダンスにしても
教える というスタンスがなぜかしっくり来なくて
たまにもやっていました
なのですが
今日 『伝える』立場にいると意識チェンジがおきていることに
気がつきました

これは大きい!

ヨガの御賞味、ダンスの御賞味を伝える!それが自分にできる基本

その役割はあるけれど
同世代を生きている同じ人間

今日はお客様と更年期の話しになり、
先輩ともいえる方にお話を伺えるのはありがたく

そうやって何気ない日常のお話をして
盛り上がっているときはクラス以上に面白いのであります

ヨガにきてくださる方々に 共に踊ってくれるみなさんに 感謝

 

 

 

あほたれめ

 

とつぜん
「この土地
あげますよ」
 って、くれるって
「え〜?
は〜い
いただきます」
 
って
もしそうなったら
おもろいわ
と妻
 
そんなこと
きみを
殺しますといわれるのと
同じ確立
あるわけがない
ただで土地もらうなど
恐ろしや
と夫
 
 
頭のなか自由自在でしょ
何考えたって
ありざんす
あほうでおばかで
笑えたら
そっちのほうが
幸せよ

オドル銭湯探検

銭湯で今週末 おどりまーす

ようやっと

はぁ〜〜〜

週末開催するイベントの

自分なりの着地点が見えてきました

(先週あたりはもやっていました(^_^;))

 

銭湯の裏側も 御見せする

この企画

 

井戸水を沸かす 古い薪釜

男湯女湯通じる秘密の扉

ふだんはわからない

銭湯の裏側へも

オドル案内人 オカザキ恭和

が ご案内いたします!

 

どうしたらより面白くなるか

試行錯誤へて

もやもやの雲が晴れて

稽古が楽しくなってきました♪

 

お待ちしております。

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

銭湯バカンス企画

オドル銭湯探検

ふだんはお目にかかれない湯を沸かす古い薪釜、営業時間内は秘密の男・女湯に通じる扉、おかまドライヤー体験、晴れ晴れとした昭和タイル絵の山々 etc  オドル案内人とともに銭湯を探検します♪

 

■ 開催日時 11/19 日 14:00~15:00
■ 参加料 入浴券460円+投げ銭
(入浴券は 12月末までグランド湯で使用できます)
■ 定員20名 要予約(増席しました、定員まであと4名です)
yahiro8@ac.auone-net.jp
タイトル:オドル銭湯案内 本文:お名前、参加人数を記載して送信
*返信をもって予約完了とさせていただきます。
上記ドレスが受信できる設定のメールからお申し込みください。

■ 銭湯バカンス オリジナル手ぬぐい、番台犬ユキちゃんバッジ、秘密のお風呂グッズ プレゼントあり(アンケートに答えてくださった方に)

■ 企画  オドル案内人:オカザキ恭和

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

50歳の目標

今日から 1055日目に

わたくし50歳になります

(  ゚ ▽ ゚;)

ここ数週間

家族とのやりとりで

老い先どうするんかい?と…

ふわふわ程度にしか考えていないわたくし

いったい半世紀記念日まであと何日かしら

ん?

w川・o・川w

1055日

えっと

時間ないやん?!

超具体的に何をするとか

老後資金をいくら貯めるとか

そう考えると

とても息苦しく地獄気分になったので

50歳の目標

笑って楽しく活き活きと

いのち煌めかせて暮らしている

ことにしましたにこ

あと1055日

ココロ カラダ 生活 潤う術(すべ)を培う

その確信と信頼を築く

が当面の目標です(・∀・)

 

なんつーざっくり(☆。☆)

 

まぁよしとしましょ

まずは自分全肯定です

 

 

今日は 今週末の北斎ヨガの丹田呼吸のために

声をつかって丹田を意識する方法を

いっぱい試しました

 

丹田は 自分肯定も否定もなく

ただただ自分の核であります

自分の中心、世界の中心で、宇宙の中心でもある

まじりっけない自分の所在地です

自分の丹田、肚の感覚

大事にしよう

 

北斎誕生日

9/23  北斎ヨガ  ハッピーバースディ HOKUSAI テーマ 氣を養う 丹田呼吸

生まれてしばらく赤ちゃんの頃、わたしたちはお腹をたっぷりつかう丹田呼吸をしていました。丹田は、生命エネルギーの源でもあります。お腹をたっぷりつかう丹田呼吸は、瑞々しく生きる術にもなります。9/23日は世界の巨匠北斎の誕生日。北斎の生まれた日にあかり、カラダの内側から輝く『丹田呼吸』をたっぷり行います。ご自宅でもぜひ丹田呼吸は行ってほしいため、丁寧に解説していきます。運動、瞑想、ビジネス、勉学、創作等あらゆる営みのベースにいい丹田呼吸。ヨガがはじめての方にもおすすめですよ。お気軽にお申し込みください!

開催日時 9月23日 10:30~12:00
場所   yahiro8  墨田区八広4-10-1
料金   2500円(からだの時間 回数券 使用できます 1回+200円)
予約   9/23北斎ヨガ 予約フォーム

上記予約フォームが開かないとき
yahiro8@ac.auone-net.jp
タイトル 北斎ヨガ9/23
本文 お名前 返信用メールアドレス ヨガ経験の有無
を上記アドレスへお送りください。返信メールを2日以内に送信させていただきます。

意識していたことを手放す

6月から
月一回の笠井叡さんの
ダンスWS に参加しています(ヽ´ω`)
毎月お題があり
 きのうは 意識 でした。

そのなかでトライした

意識したり感じたりする前に動く

やってみるも

 いつもの自分の手法とは違い…

抵抗しているカラダ、心、意識?

できているのか
怪しすぎました
とりあえず動くも
苦しい…
バタバタうごき

やや無機質苦悩な表情だったろうとおもいます

しかしながら

最後の10秒くらいに

踊る阿呆になった

からだがひとりでに動きだしてる
あー?!

ニヤリ

自分で創るときは
今どんな動きをしたいのか
からだはどこへ行きたがっているのか
いってみれば

意識全快

20分くらい意識しながら動いていると、
カラダがひとりでに動きを生み出しはじめるときがある
これ、これがやりたいの、と。
きのうの
躍る阿呆な動きは
そこへの到着の仕方が全然違い
ものすごく新鮮でした
理由づけなく、いける
 そうか

自分の手の内を手放して

あり得ない世界へいってみる

日常あらゆる物事にもいえて
意識が変わることによる
世界の変化
見えてくるものが違ってくる

もうひとつ

昨日感じた大事なこと
とても原初的な動きへ
つれていかれた感
整理されすぎない
自由
戸惑い
多様な感覚が顔をのぞかせている

みんな動きは違うけれども、みな同じ空間に居る自然さ

笠井さんがおっしゃっていた
 『木は風が吹くから躍る』

そういう踊りなのかもしれない

ダンスのご賞味

久々に思い出しました。

 

Happy Birthday

今日、8月10日は誕生日。プレゼントは『踊りたい場所で自分のために踊る』
家族におつきあいいただき、映像を撮りました。

恥ずかしいはずかしい 未熟な部分も抱えてる
でも、やりたいなら まずはやってみるべし。

試したかった方向性が見えて
振りや、車がくるタイミングや、衣装や練り、何やら作品を創りたくなりました。自分のなかの、うずく感覚感度に触れた機会となりました。歳はわがままに懐深く重ねよう。よし。

坐禅

20年ぶり
久しぶり
坐禅
40分ほど、只坐る

でるわでるわ、雑念に眠気

僧侶さまより
「でてくる雑念を深追いしない」
「無にはなれないです、気絶するのでもないですし」
とお話あり

『深追いしない』
これよいです!

瞑想はたまにします

只坐る
何も意図せず・・動く欲も捨てる・・

ポカポカとどこかから沸いてくる雑念思考は
受け流す

今回、眠気もおこり
半眼がつらい
そして微動だに動かないことを己に課す

動く欲を捨てる

すべて
自分の欲を停めてみるのだと

おーうー

しんどいわ40分

ところが

あれ?

帰り道

脳がすっきり?

我慢大会の40分は
ぐつぐつ消毒煮沸中の鍋中のよう

 

今となっては
また坐りたいと

そうきたか。


※ 墨田 向島 圓通寺にて 坐禅会を開催されています。

花と

​墓掃除にいった帰り

かつてのおばあちゃん家にいく道なりに、どなたかが育てた花がきれいで花と踊りました。


ニコニコ目映い花たち  ありがと。

​​

三途の川とおばあちゃん

2週間くらい前に踊りのWSで『過去を未来にする』ことを学んだ。心理学とかじゃなくて、踊りでそれをするという。試してみると…かろみのある えっ、何コレ、未来?? あああ、楽しい。

さてさて7月というと、、、数年前の7月の終わり、おばあちゃんは旅立った。7月半ばすぎるとおばあちゃんのことを時折思いだす。
おばあちゃんは信心深い所があり、お経を読まされた、いやお経を読み終えるまでやさしく見守ってくれて、ずいぶんと褒めてくれた記憶がある。小学生低学年くらいの頃か  三途の川の話しをしてくれた。かつておばあちゃんは死にそうになったことがあるそうで、それはそれは色鮮やかな花々が咲いている中を通って川へ出たそうな。ものすごいきれいで今迄見たことがない色だったと。ところが川の向こうに、おばあちゃんの知り合いで既に亡くなられた方がいて、怖ーい顔でこっちへ来るなと言うんだと。それで引き返してきたんだと。

この前ひとりで稽古していたとき おばあちゃんとの過去の記憶を、三途の川の話しを思いだしながら踊ってみることにした。やや疲れていたわたしはぼーっと椅子に腰掛けて踊りがくるのを待った。手がゆらゆら揺れはじめる。

川の水を撫でているような。ここは川だな と。この川の向こうにおばあちゃんはいるのかも?。椅子から降りて、川の中に入ってみた。川は浅く流れは穏やかだった。わたしもこの三途の川を渡る時がいつかくる この川を渡るときに、どうしていたいだろうか…?

「明るく踊って渡りたい!」って、肚から明解にでてきた。そう、明るく踊って三途の川を渡る、それだ!

そう思った瞬間から、「明るく」踊ってみたけれど、まだまだだなーーー。明るいといっても質感、力の入れ方、抜き加減もろもろ。ニュアンスはつかみかけたけれど。もっと底抜けられるだろう。三途の川であっけらかんと明るく踊る。その前に、生きてるうちに底抜けに踊るべし。それがわたしの生きる道、なのだろう。

踊ることで、記憶が書き換えられ、未来にも過去にもいける。教えていただいたことに感謝します。

この日常のなかにある静けさ、きらめき、ハッとする瞬間、、、日常にいながら宇宙回路を通る感覚、もっぱらの関心事であります。

DSCF5521.JPG

クワガタが飛んできたおばあちゃんの命日

 

 

 

晴れのち添い寝す 公開制作のための個人稽古

あたらしいユニット、おしゃかえぬ による『晴れのち添い寝す』どんな作品になるか 1年くらい先なので、中味はおいおい見えてくるだろう。来月、畑で踊る。公開制作という呈です。畑はジャガ芋を掘り起こしたあとで、どうなっているのかさっぱり。最初はかなり即興かと思うも、地道に振りをつくってもっていくことにする。即興ももちろんあり。先日ちょっとだけ畑に入らせていただいたら、とっても土がやわらかくてびっくり。土に絶対まみれたくなると予測して、地をつかった振り。東京では、いったん床をつかった振りを制作中。

大地は母。母〜女性、大いなる母、グレートマザーという感覚。とくると身体としては骨盤がなじむ。骨盤は子宮をたたえている。骨盤と大地をテーマにまずは身体感覚ではまるところ、そしてフォルムを模索しています。まだまだこれからでーす。

美香さんを偲ぶ会へ

4/29 ゴールデンウィークのスタートに相応しく、行ってよかった。風邪をひきくしゃみ連発してコートを顔にあてて、ゴホゴホしてしまったけれど。隣の方がタオルをさしだしてくれたり人様巻き込んでしまった。その殿方に感謝を伝えたら「さっきの場面、もう宇宙だったよね」と。うん よかった、確かに。自分は美香さんと直接の関わりはなかったのだが、この会を見ていても、お人柄が、どんなダンスを追求していたのか見えてくる。魂が見えるダンス。そう感じた、そうでなかったとしても、自分が求めていたダンスは魂がみえるダンスなんだなと、はっとした夜でした。久しぶりにお会いできた方もいてよかったですー。

自分稽古 ブルブル@yahiro 8

稽古するほどの気合いなく、ブルブル振動かゆらゆらゆする力を抜く方向で今日は30分。途中電話に一度出たが、余韻が残っていたので、再開して続ける。身体の内部、兎に角も自分の身体に集中していくと、やがて外界とつながりたくなる。しかし、今回のブルブルは外界へのつながりより、動きの巧妙さに関心がシフト。細かくヒップをゆらす、脚をパタパタ細かくつかう動きを精錬させたい。無理もあったようで、やや左足のふくらはぎがつらく。ブルブルの振りは精度をあげてどこかでやりたい。おしりだけ振り、上半身は何もないような状態でいれると、周りとふつうに関われそう。