明けましておめでとうございます!

実家に歩いて帰ってみよう

と年末思い立ち 3日 試しに10キロを歩いて帰りました。

八広→歩き→鐘ヶ淵駅→電車→柏駅→歩き→茨木守谷市みずき野

というルートを選択

柏駅から木村家の実家まで10キロをひとり歩きです 旦那さんとは実家で合流

大きな利根川を歩いて渡るのが気持ちとしてはメインイベント

河川敷がとても長かったなぁ

すごく風が冷たくて頬が凍りそう、風にとばされそう

それもみないい経験

橋を 川を 渡るだけ

ですが、高揚してひとり気分もりあがり♪

今日は風の音もすごくて風にも命があると感じました

2018年 喜びをからだを通じて提供していこうと、確認できた最初の一歩となりました

 

 

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

タイトル未定

先週はまいった。久しぶりに事務仕事に追われ、朝ご飯も食べずにパソコンと書類とにらめっこ。銭湯バカンスの報告書を書いていた。

「なんでこんなことしてるんだろう?なんでいいだしちゃったんだろ?」

この類いの自問はたまにある。なぜこんなことしているのか?と己を冷ややかに見てしまう我よ。冷ややかな己の目線がでてくるとき、自分は何をやりたがっているのか、逆によくわかる。書類申請も報告も苦手だが、どうせやるなら手掛ける自分も見ている人も、目が覚めるハッとするアートをやりたいのだという想いがクリアになった。

銭湯バカンスは地域のイベントとしては成功したと思う(といってしまおう)。すみだクリエイターズクラブのみなさんの力で、これだけ協力しあえることがほんとに不思議で、結果400人以上を動員するイベントになった。ありがたや。地域密着の、人のつながりをつむぐあったかいイベントだったと思う。ある意味、かつての自分はそれを望んだ瞬間があった。

今そこからもう一歩先へ進みたい自分がいて。(銭湯バカンス自体は今のスタンスでも充分いいと思う。)

そして最近ダンスをいくつか観ている、いいダンスもいい舞台もある。が、、、、既存の仕組みのなかにあるものは、、、、なかなか揺さぶられない、、、、。

むーーーーーわたしよ。

昨年からキャッキャといっていたこと、川辺から向こうの川辺にヤッホーと大勢でいったら伝わるか試してみたいだとか、北斎の絵からヨガではなく何か身体表現できないかとか。ゆるり取り組み始めていることを形にしたいのであるが、今迄見知っていた既存のスタイルではないらしい、頭にぼやんと立ち上ることが。

さてはて。これ以上考えていると立ち往生のままになりそうなので、まずは手をつけられそうなところからやってみよう。これまた地道な事務作業になるが、北斎ヨガの商標をとりにいこか。人の声について、どこでどんな研究がされているか調べてみよう。そして北斎が描いた絵をみながら地道にどんな身体表現ができるか動いてみよう。さあて、これがどう組み合わさっていくかしら?

こんなときは天に委ねて、今できることをしていこう。

 

 

 

 

 

まるっこい人々

葛飾北斎がてがけた北斎漫画には
まるっとした人が登場します

可愛らしいまるさです

今日は まるっとした人を真似てポージングしたり
連続して動いてみました。

座る 寝る といった畳生活が浮かびました。今回の人物たちは半畳にでもおさまりそうな動きです。

地味めな絵にも北斎は微細に変化をつけていて
ユーモアも健在
一見だらりとした人にみえますが、何かひっかかりのある姿だったり

からだで北斎漫画を解読する試み

学ぶは真似ぶ、
まねることからといいますが
まさに、
北斎が注目していたところなどじわじわ感じられて、興味深いです。

おまけ

写真を撮っていたら、コタツからでてきました
チロさん、のぼせたのかな? ぼーっ

きれいの正体

昼間 FBにこんな投稿をしました


きれい について
美しい人について
考えている。

旦那をご存知のかたは想像しやすいかと思うが
義母の造形、とくに目は吉見さんに似ていて切れ長ではっきり二重で、ときに物凄くクールな眼差しや、あるときは笑顔であたたかい。造形はおそらくきれいな人種だ。なのだが、お義母さんを そういえば きれい と思ったことがない。お義母さんはあたたかで、時々面白いという印象になってしまっている。
家族は近すぎるので、引いて きれい とみるのは難しいかもしれない。

いっぽう
造形はおそらくさほど目にとまるわけではないのに
きれいと感じる人がいる。

年齢重ねるほどに
それは顕著に
でてくる。と思う。

きれいについて考えるのは
なかなか楽しい

そういえば
チロさんは
きれい な猫の類いかもしれない。

たまに恐いくらいだ。
お腹がすけばいつまでも迫りくる。寒ければ唸りだす。
朝活も健在。
人が起きるまで枕元でなく。諦めない。

欲求には猛烈実直。

きれいな秘訣、、、
チロの真似をそのまましたら嫌われそうである。


チロは素直だ。

動物や赤ちゃんは素直

本性に素直

素直な人は 光るオーラを発する

涙を流す人にハッとし

喜びの拍手にジーンとくる

素直な気持ちは大なり小なり感動を呼ぶ

素直になるとき

ピュアなとき

たいていドキドキする

少し体温が、心拍数が僅かにあがるような氣がする

きっと細胞の振動数があがり、光るような感覚を受けるのではないかな。

自分に素直に
自分の欲を知る、そして欲をちゃんと昇華する

そんな人は見ていて気持ちがいいです

上質

今週末は演目をいくつか拝見した

24金 師匠が出演 小唄の会
25土 一人に一曲 黒沢みかさん追悼企画
26日 銭湯DJ サポートスタッフ

3日間各種違う演目を前にして
考える契機となった

質がダントツによかったのは 小唄の会

師範級のみなさんによる三味線と唄
それぞれの声音の違いも興味深く
どの方も上質の技術
小唄を知らない方でも聴けるのではなかろうか
ハプニングさえ こちらの観る力を全力モードに変えてしまう

25は様々な身体を観たい欲求にかられて
はるばる大倉山へ
2時間に及ぶ即興、様々な身体とダンス
目が覚める瞬間も 退屈なときも
多種多様なものが在り

26は銭湯バカンスの一企画 銭湯DJのサポート
お客さんがノリノリで楽しそう
しばし目前で拝見したDJプレイ

ジャンル違えど
即興で楽しんで場を創り上げる力にあっぱれ

そうやって3日間を振返り
つまるところ惹かれるのは

上質なダンス、身体パフォーマンスアート

手掛けるなら創るならオドルなら

響いてくるのは『上質』

やりたいことをあれこれやってみた30代40代前半をすぎて

わーーーーーーーーーっ
ぎゃーーーーーーーーっ

ひーーーーーーーーぃっ

 

響くのは上質

『上質』な身体を まず創ろうと思う

言うのは容易い

すべらかであり
気配があり
臨機応変であり
重みあり
軽みあり

空気を動かし
喜びであり

細胞粒子が微細で遠く迄届く

その場を空気を変える からだ

丁寧に稽古を
丁寧に毎日を
喜びの日々を

 

まずは、気持ちをざわざわさせる要らないものを
片付けましょ
環境と身体も影響を受けあっている
つながっている

 

 

 

 

16年前のスカート

自撮り

 

はしゃいでいます

スカートが誉められて 浮かれています

16年くらい前に買ったリバーシブル 作家さんの手作り

ようやく似合うようになってきました ようやっと

自撮り掲載 実はハラハラ 迷うも

肝だめし

なんでもありでござい と自分をあやし

さて

新作にむけて(いつ発表するかなんて何もみえてませんよ)

ちびっと稽古はじめました

まだ山のものとも

海のものとも

イメージがふわりとあるのみ

これからです

 

 

歩こう

日々できるだけ歩くようにしています

歩くと、代謝があがり
血液の巡りがよくなり あったかくなる
脂肪も分解されやすいし 気兼ねなくおやつが食べられるから

歩くと、考えがまとまる クリアになります
悶々としてきたら歩くと
なんだったけか?とすっきりすることが多く
あ、瞑想するときもあります
歩く瞑想もおすすめです
息を歩みに合わせるだけ  吐いて一歩、吸って一歩。吐いて2歩、吸って2歩でもいいです。

そして歩くと、脚が引き締まる!
歩かない日は、脚がぶよっとしています
朝起きると鏡でからだのラインを確認するのですが、
前日にどんな運動をしたかで翌日脚のラインは変わり

『がんばって』言い換えると『力んで』動いた翌日は、マッチョっぽくなる
『ゆるやかにほどよく』歩いた翌日はラインもよく、調子もよいです

歩くと元気になる 氣が満ちる 晴れます!
これは、一定のリズムで腸がゆれて刺激となりセロトニン〜ハッピーホルモンが出るという仕組みも関連しています

歩くってタダ
ただで元気と健康が手に入る!

最近 身をもってわかってきました

 img_20171121_1754261811992522.jpg↑ 26歳ニャンコも、日々歩いています 正確には 老ネコ初期より 歩くように促して足腰強化を心がけてきました

そして歩くこととヨガと
両方組み合わせてあげると健康に
とってもいいです
とくにヨガの前に歩くといいですよ

ヨガクラス寒い冬も開催しています
試しにぜひ歩いていらしてください
^^


自然な自分にもどる ヨガクラス
毎週月 19:00~20:30  土 10:30~12:00
チャクラヨガ (月に1~2回)
問い合せ yahiro8☆ac.auone-net.jp(☆を@に変えて送信してください)

お江戸を体感
北斎ヨガ HOKUSAI YOGA
北斎の絵を手本にヨガ。肚の大切さを知っていた江戸っ子たちの身体を体感できるヨガhttp://hokusaiyoga.com

あほたれめ

 

とつぜん
「この土地
あげますよ」
 って、くれるって
「え〜?
は〜い
いただきます」
 
って
もしそうなったら
おもろいわ
と妻
 
そんなこと
きみを
殺しますといわれるのと
同じ確立
あるわけがない
ただで土地もらうなど
恐ろしや
と夫
 
 
頭のなか自由自在でしょ
何考えたって
ありざんす
あほうでおばかで
笑えたら
そっちのほうが
幸せよ