意識していたことを手放す

6月から
月一回の笠井叡さんの
ダンスWS に参加しています(ヽ´ω`)
毎月お題があり
 きのうは 意識 でした。

そのなかでトライした

意識したり感じたりする前に動く

やってみるも

 いつもの自分の手法とは違い…

抵抗しているカラダ、心、意識?

できているのか
怪しすぎました
とりあえず動くも
苦しい…
バタバタうごき

やや無機質苦悩な表情だったろうとおもいます

しかしながら

最後の10秒くらいに

踊る阿呆になった

からだがひとりでに動きだしてる
あー?!

ニヤリ

自分で創るときは
今どんな動きをしたいのか
からだはどこへ行きたがっているのか
いってみれば

意識全快

20分くらい意識しながら動いていると、
カラダがひとりでに動きを生み出しはじめるときがある
これ、これがやりたいの、と。
きのうの
躍る阿呆な動きは
そこへの到着の仕方が全然違い
ものすごく新鮮でした
理由づけなく、いける
 そうか

自分の手の内を手放して

あり得ない世界へいってみる

日常あらゆる物事にもいえて
意識が変わることによる
世界の変化
見えてくるものが違ってくる

もうひとつ

昨日感じた大事なこと
とても原初的な動きへ
つれていかれた感
整理されすぎない
自由
戸惑い
多様な感覚が顔をのぞかせている

みんな動きは違うけれども、みな同じ空間に居る自然さ

笠井さんがおっしゃっていた
 『木は風が吹くから躍る』

そういう踊りなのかもしれない

ダンスのご賞味

久々に思い出しました。

 

広告

Happy Birthday

今日、8月10日は誕生日。プレゼントは『踊りたい場所で自分のために踊る』
家族におつきあいいただき、映像を撮りました。

恥ずかしいはずかしい 未熟な部分も抱えてる
でも、やりたいなら まずはやってみるべし。

試したかった方向性が見えて
振りや、車がくるタイミングや、衣装や練り、何やら作品を創りたくなりました。自分のなかの、うずく感覚感度に触れた機会となりました。歳はわがままに懐深く重ねよう。よし。

坐禅

20年ぶり
久しぶり
坐禅
40分ほど、只坐る

でるわでるわ、雑念に眠気

僧侶さまより
「でてくる雑念を深追いしない」
「無にはなれないです、気絶するのでもないですし」
とお話あり

『深追いしない』
これよいです!

瞑想はたまにします

只坐る
何も意図せず・・動く欲も捨てる・・

ポカポカとどこかから沸いてくる雑念思考は
受け流す

今回、眠気もおこり
半眼がつらい
そして微動だに動かないことを己に課す

動く欲を捨てる

すべて
自分の欲を停めてみるのだと

おーうー

しんどいわ40分

ところが

あれ?

帰り道

脳がすっきり?

我慢大会の40分は
ぐつぐつ消毒煮沸中の鍋中のよう

 

今となっては
また坐りたいと

そうきたか。


※ 墨田 向島 圓通寺にて 坐禅会を開催されています。

花と

​墓掃除にいった帰り

かつてのおばあちゃん家にいく道なりに、どなたかが育てた花がきれいで花と踊りました。


ニコニコ目映い花たち  ありがと。

​​

三途の川とおばあちゃん

2週間くらい前に踊りのWSで『過去を未来にする』ことを学んだ。心理学とかじゃなくて、踊りでそれをするという。試してみると…かろみのある えっ、何コレ、未来?? あああ、楽しい。

さてさて7月というと、、、数年前の7月の終わり、おばあちゃんは旅立った。7月半ばすぎるとおばあちゃんのことを時折思いだす。
おばあちゃんは信心深い所があり、お経を読まされた、いやお経を読み終えるまでやさしく見守ってくれて、ずいぶんと褒めてくれた記憶がある。小学生低学年くらいの頃か  三途の川の話しをしてくれた。かつておばあちゃんは死にそうになったことがあるそうで、それはそれは色鮮やかな花々が咲いている中を通って川へ出たそうな。ものすごいきれいで今迄見たことがない色だったと。ところが川の向こうに、おばあちゃんの知り合いで既に亡くなられた方がいて、怖ーい顔でこっちへ来るなと言うんだと。それで引き返してきたんだと。

この前ひとりで稽古していたとき おばあちゃんとの過去の記憶を、三途の川の話しを思いだしながら踊ってみることにした。やや疲れていたわたしはぼーっと椅子に腰掛けて踊りがくるのを待った。手がゆらゆら揺れはじめる。

川の水を撫でているような。ここは川だな と。この川の向こうにおばあちゃんはいるのかも?。椅子から降りて、川の中に入ってみた。川は浅く流れは穏やかだった。わたしもこの三途の川を渡る時がいつかくる この川を渡るときに、どうしていたいだろうか…?

「明るく踊って渡りたい!」って、肚から明解にでてきた。そう、明るく踊って三途の川を渡る、それだ!

そう思った瞬間から、「明るく」踊ってみたけれど、まだまだだなーーー。明るいといっても質感、力の入れ方、抜き加減もろもろ。ニュアンスはつかみかけたけれど。もっと底抜けられるだろう。三途の川であっけらかんと明るく踊る。その前に、生きてるうちに底抜けに踊るべし。それがわたしの生きる道、なのだろう。

踊ることで、記憶が書き換えられ、未来にも過去にもいける。教えていただいたことに感謝します。

この日常のなかにある静けさ、きらめき、ハッとする瞬間、、、日常にいながら宇宙回路を通る感覚、もっぱらの関心事であります。

DSCF5521.JPG

クワガタが飛んできたおばあちゃんの命日

 

 

 

晴れのち添い寝す 公開制作のための個人稽古

あたらしいユニット、おしゃかえぬ による『晴れのち添い寝す』どんな作品になるか 1年くらい先なので、中味はおいおい見えてくるだろう。来月、畑で踊る。公開制作という呈です。畑はジャガ芋を掘り起こしたあとで、どうなっているのかさっぱり。最初はかなり即興かと思うも、地道に振りをつくってもっていくことにする。即興ももちろんあり。先日ちょっとだけ畑に入らせていただいたら、とっても土がやわらかくてびっくり。土に絶対まみれたくなると予測して、地をつかった振り。東京では、いったん床をつかった振りを制作中。

大地は母。母〜女性、大いなる母、グレートマザーという感覚。とくると身体としては骨盤がなじむ。骨盤は子宮をたたえている。骨盤と大地をテーマにまずは身体感覚ではまるところ、そしてフォルムを模索しています。まだまだこれからでーす。

美香さんを偲ぶ会へ

4/29 ゴールデンウィークのスタートに相応しく、行ってよかった。風邪をひきくしゃみ連発してコートを顔にあてて、ゴホゴホしてしまったけれど。隣の方がタオルをさしだしてくれたり人様巻き込んでしまった。その殿方に感謝を伝えたら「さっきの場面、もう宇宙だったよね」と。うん よかった、確かに。自分は美香さんと直接の関わりはなかったのだが、この会を見ていても、お人柄が、どんなダンスを追求していたのか見えてくる。魂が見えるダンス。そう感じた、そうでなかったとしても、自分が求めていたダンスは魂がみえるダンスなんだなと、はっとした夜でした。久しぶりにお会いできた方もいてよかったですー。

自分稽古 ブルブル@yahiro 8

稽古するほどの気合いなく、ブルブル振動かゆらゆらゆする力を抜く方向で今日は30分。途中電話に一度出たが、余韻が残っていたので、再開して続ける。身体の内部、兎に角も自分の身体に集中していくと、やがて外界とつながりたくなる。しかし、今回のブルブルは外界へのつながりより、動きの巧妙さに関心がシフト。細かくヒップをゆらす、脚をパタパタ細かくつかう動きを精錬させたい。無理もあったようで、やや左足のふくらはぎがつらく。ブルブルの振りは精度をあげてどこかでやりたい。おしりだけ振り、上半身は何もないような状態でいれると、周りとふつうに関われそう。

自分稽古@yahiro 8

解剖学社の養老孟司さんと武術研究家の甲野善紀さんによる『古武術の発見』をさっと読む。井桁崩しという、二力の合成うんたらの下りが気になり。二力を設定した身体操作を試みる。

自然に二力に成る日はいかほどか。かなり意識をもっていないと、簡単なほうへ流れてしまう。身体の氣が充実する。同時に二力は今は難しいが、時間差で二力設定をしていくと、面白い身体ルートがでてきた。 これは続けよう。30分程度ずっとやり続けてみた。

本日3/31 路地ダンス「ススム」開催

桜も咲きはじめた今週。本日3/31 路地ダンス開催いたします。夕方より小雨の予報がでておりますが、開催します!いくぞ〜!いこっかな〜♪とあたためてくださっていたみなさま、どうぞ雨具をご持参ください。春はまだまだ冷えますので暖かい服装がおすすめです。大雨になった場合は、途中雨宿りするなどルート変更もあるかもしれません。天の演出を楽しみながらススンデいきましょう!

3/31(金)15:30~ 路地ダンス『ススム』開催

ススム1.jpg

いよいよ39アートin 向島がはじまりました。すみだ下町、いろんなアートイベントがこの1ヶ月開催されます。そのひとつ、路地ダンス『ススム』は、下町の日常に非日常的が重なるダンスパフォーマンス企画です。八広〜京島付近の路地をいっしょに進んでまいりましょう。

路地ダンス.jpeg

路地ダンス『ススム』

下町の日常に非日常的が重なるダンスパフォーマンス企画。八広〜京島付近の路地を散歩しつつ、時々ダンスする人が登場します。町工場、駄菓子屋さん、細い路地裏も通りますよ。下町の商店街には美味しそうなお惣菜がいっぱい。パフォーマンスは無料ですが、途中で買い食いしたい気分になるやもしれませんので、小銭をぜひお持ちください。1時間以上になる予定です、どうぞ歩きやすい服装、靴でお集りくださいませ。もちろん途中抜けたり、合流したり、自由にご覧いただけます。

開催日時:2017 .3.31 (金) 15:30 となり製作所前からスタート 八広・京島の路地ヘ  1時間強程度を予定
集合場所: となり製作所前 〒131-0041 東京都墨田区八広2丁目45-10
京成曳舟駅から徒歩およそ10分 明治通り沿い
マップ http://39art-mukoujima.info/?page_id=320

⇩となり製作所 白い暖簾が目印
となり製作所.jpg
FBイベントページ  https://www.facebook.com/events/414764078871959/
開催場所:京島・八広の路地や公園など
出演:川原卓也 清水健太 瀧口幸恵 オカザキ恭和 他
料金:無料

 

 

※ 39アートin向島2017 参画企画 http://39art-mukoujima.info/

なんで踊ってるの? 

直球の答えは 好きだから、です。

今やっと、好きだからと いえる。

踊ることになった源は、唐突ですが、瞑想がはじまりでした。

もっと遡のぼれば、TVの前で小さい頃踊っていたとか、

歌っていたとか、ピンクレディーが好きだったとか、盆踊りが人知れず好きだったとか

よくある話しはありますが、自覚したのは、瞑想のときです。

広告の仕事をしていて20代のころ

閃きが必要だと思って、本を読んだら

瞑想がいいと。

そうか、と早速 瞑想をしました

2年くらい、ただ座る。

瞑想の会にも参加して。

瞑想はすごくよかったです。今でも時々座っています。

当時は

足がしびれて仕方なかったし、眠くもなるし。

だけども、

ふと、「そうか!」と世の中のこと自分のこと

腑に落ちて来るときがくる。

それがたまらなくよいのです。

そのうちに

瞑想していて感じはじめたのが…

私にとっては、踊る事が瞑想だと。

それでただ座る瞑想をいったん終えて

踊ることへ邁進していきました。

ー 続く ー

DSC01523.jpg

銭湯バカンンス〜唄とダンスと三味線と

年明けはイベントが続きます!
下町の銭湯はいいところ〜。

なんと銭湯で、踊ります、唄います♪ 三味線の音とともに。

0001-1-1140x806.jpg

銭湯バカンスと称した、すみだクリエイターズクラブ主催のイベントです。占いや、ライブペインティング、チェロ演奏のイベントの他 銭湯にまつわる展示もと盛りだくさん。詳細はこちらをクリック

今回のイベントはお湯につからなくても、観ていただけます

がっ!

せっかくの銭湯、イベントの前後に下町銭湯につかってあったまり、裸でルンルン楽しいひとときをどうぞ〜。


1/21(土)
三味線と唄とダンス
by  オカザキ恭和(北斎ヨガ主宰・ダンサー)・瀬知エリカ(イラストレーター)
開催場所:グランド湯(〒131-0041 墨田区八広4丁目17−22)
時間:15:00~15:30
料金:入浴1回券購入 銭湯番台にて 460円(当日入浴しなくてもOK ~6月末まで、都内銭湯どこでも入浴可)


1/29(日)
三味線と唄とダンス
by オカザキ恭和(北斎ヨガ主宰・ダンサー)・瀬知エリカ(イラストレーター)
時間: 18:00~18:30
開催場所:薬師湯(〒131-0033 墨田区 向島3丁目46−10 HPはこちら>>
料金:入浴1回券購入 銭湯番台にて 460円(当日入浴しなくてもOK ~6月末まで、都内銭湯どこでも入浴可)

 

0001-1-1140x806.jpg0002-1-1140x806.jpghttp://sumida-cc.com/post-1709/

2017年のはじまりは着物で北斎ヨガ

今年もあと数時間となりました。
偶然か必然か、北斎漫画と出会い、北斎ヨガが生まれ、たくさんの方々に支えられてきました。2016年は、北斎ヨガの活動が旺盛でした。支えてくださった皆様ありがとうございました。

2017年は、邦楽の奏〜着物で北斎ヨガ(会場:すみだ北斎美術館 講義室)、お正月1月2日、3日賑やかにスタートいたします。三味線と唄いにあわせて、北斎ヨガを着物でデモンストレーション!ちょっと踊りっぽくなっています☆賑やかで華やかなひと時を、どうぞお楽しみください。

続いて1月末には、銭湯で、三味線と唄にあわせて、踊ります! 詳しくは年明けに☆2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

%e6%96%b0%e6%98%a5%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8

%e6%96%b0%e6%98%a5%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a3%8f

 

ぽわん

 

その人は

ゆったり

おだやかで

おなじ部屋にいるだけで

あせりきんちょう

すぅうと抜ける

 

ただそこにいるだけで

存在しているだけでいい

 

きっと みんな

存在してるだけで、何やら貢献してるんだ

 

何かしようとしなくてもいい

湧いて来るままにしてたらいい

 

 

だってさ

がんばった

すんごく

顔晴ったぁアアアアアアア

 

人と成す

誰かと みなみなさまと いっしょに創る

 

内側コロリと剥けてきた

独り占めしたところで

これっぽちもおもしろかない

一人で生きたって、つまんないの

 

 

コトバユジュ

 

15年くらいまえ詩を書いていた。

発露のため、

心の、気分の、

彷徨い、もがき、未消化の感情

頭で悶えを変換させる快楽知

しぶといアイデンティティのあがき少々

 

それから、なぜか書く必要がなくなって

身体の探索で充分になったか

 

すんごい疲れたこの夏

どうにも内側の発露が必要なことに気づく

フェイスブックやブログ、その手段じゃ

えーあー、そんなん 文章でおこすには恥ずかしすぎる

心の欲深いところを吐きつつ

あそべる形であばきたい欲

 

ふと思いだした

 

『コトバオドリバ』

ギラつき色づいていた心の鮮度

欲深さ

宝物なんだわ

蓋を閉めたら、駄目なのよ

 

キカッケは自分のためだったと再確認

発露しないと死んでしまう

 

気づいたのなら

恥ずかしいは一度引っ込んでもらって

やりませう。

 

本日 2016年 9月9日 4回目の結婚記念日

わたしは、あなたと、

わたしは、わたしと、

いっぱいのわたしたちというあなたたと、

結ばれたいです

 

*ユジュ ヨガでいうところの『結ぶ』という意味

覚悟

すんごい重い言葉

なぁ

タイトルの 覚悟

『覚めて悟る』

 

垂れ流れてくるもの

しゃーない あるんです

実在

アイディア、妄想、心変わり、

きまぐれが、ありますの

寄り道蛇足、いろいろ

本道ってどこよ?

わさわさ

悶えてみたいような

嘘っぱちっぽい色

我がままが

あるんです しゃーないなぁ

やってみたいなら

やりなはれ

しなはれ

それでいいと

腹くくるなら

じゃまものと想定していたものを

覚悟 受け入れて

遊ぶように

”執着はナシで”

捨てるときは捨てなはれ。

 

 

 

 

纏う

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

高校時代の友人 かおりん ことガーデンで働く造景家の内藤香織さんが、

草花を纏わせてくれました。

荒川で河原に茂っている草花を摘み、あっと言う間にできあがり。

ふんわり草のいい香りがしました。

 

ちょっと踊ってみましたよ。草花をどうしたらいいか

ジタバタ。。。。踊りおえて、纏った身体そのものを受け入れて

踊っていけばいいのだろうな、とふと。

 

高校卒業以来、20数年ぶりに会った二人が

何か創ろうと話しが進み、試作をはじめています。

 

彼女が働く神奈川県藤沢の『大庭園』では

Art Base Garden OBAEN-大庭園として、さまざまなアーティストとの

コラボレーションを手がけていきたいそうです。

興味を持った方はぜひ問い合わせてみてください。