見えない声の橋を架ける#ヤッホ〜〜隅田川

43828240_1763115340452793_6848858401863106560_n43878218_1763115343786126_7255895759629844480_n

 

今年の3月に荒川河川敷で実施した、声の橋を架ける『ヤッホ~パフォーマンス』。『ヤッホ〜〜〜〜』とみんなで声を出し、目には見えないけれど、互いに声が届くと感じとれる『声の橋』を架けようというイベントです。 今週末は宵闇の隅田川の岸辺で開催します。

見えない宵闇の向こうに、生身の人の力で声の橋を架けて見ませんか?声が届いたら、向こう岸から光で合図する、宵闇を彩る声と灯のパフォーマンス。大きな声を出してスッキリしたい方、応援、見守り、大歓迎。大人からお子様まで国籍問わず、気軽にご参加いただけます。世界共通語「ヤッホ~~」を向こう岸へ届けて、岸辺を、世界を、ハートを、照らしましょ♪

開催日時
2018年10月20日(土) 17:30~19:00
集合場所 墨田区役所前2階 うるおい広場  17:30集合
東京都墨田区 吾妻橋 1-23
*その後、岸辺へ移動します、時間までにご集合ください。
■参加者募集 参加費無料
■サプライズ告白したい方も大募集
突然のプロポーズなど、ソロで叫びたい方も募集しています。詳細下記へ。

》》》ヤッホ~~の効用《《《
大きな声をだしたら気持ちがスッキリした。カラダが軽くなった。そんな経験ありませんか?「ヤッホ~~パフォーマンス」では‘北斎ヨガ’で知られる身体表現家 オカザキ恭和が大声に秘められた効用をナビゲートします。
《ヤッホ~~でカラダが動きだす》
大きな声で叫ぶと横隔膜が動いて体内の働きが高まります。スポーツで声をだすと瞬発力が高まるといわれるように、自分の力を引きだす効果もあります。
《ヤッホ~~で前向きなココロに》
ストレスを感じていると呼吸が浅くなりがち。そんなとき大きな声をだすと、酸素をたくさん取りこむことができるのでフワッとココロが軽くなるんです。
《ヤッホ~~はコミュ力を高める》
声が届くと対岸にいる人が光でこたえてくれます。生身に響くリアルなコミュニケーションは喜びもひとしお。お互いの存在が確かになります。
《ヤッホ~~で美しくなる》
大声をだすことは内臓マッサージにもなります。血行がよくなり細胞がイキイキ、健康効果、美容効果もあるんです。

■当日の予定
1)北斎ヨガ・ストレッチで心身をほぐす@うるおい広場
2)声を出すコツや声を響かせる身体の使い方などレクチャー
3)移動 墨田区側と台東区側にわかれて隅田川でヤッホ~~
4)移動 吾妻橋と駒形橋にわかれてヤッホ~~
5)移動 サプライズ告白タイム???
6)リラックスタイム@うるおい広場

■ヤッホー参加者募集中
ヤッホ〜とみんなで大きな声を放ちたい方どうぞ当日17:30までに、墨田区うるおい広場へご参集ください。
■サプライズ告白したい方も大募集!
突然のプロポーズ、なかなか言えない感謝の気持ちを叫ぶ、などなど
心のウチを、宵闇という姿が見えない時間を味方につけて叫んでみたい方、募集しています。事前にyahiro8@ac.auone-net.jp(北斎ヨガ実行委員会メールアドレス)までお知らせいただくか、当日17:30までにご集合いただき、スタッフにソロで叫んで見たい旨お伝えください。心のウチをお伝えしたい方とご一緒に参加の場合は、その旨もスタッフに事前にお伝えください。(チーム分けの工夫をします。)

■イベント企画 オカザキ恭和
ダンス・パフォーマー、身体表現家。北斎ヨガ考案者。枇杷系にて踊りを学び、現在は墨田区八広にて住居兼アートスペース”yahiro 8”を拠点とする。路地や町工場でのダンス公演を行うなど、既存の概念にとらわれない身体表現が特徴。心身調和のためにヨガに取り組み、指導も行う。近年小唄を習いはじめ、声が心身に及ぼす効果を体得しつつある。

開催日時:2018年10月20日(土) 17:30~19:00
集合場所 : 墨田区役所前2階うるおい広場 東京都墨田区 吾妻橋 1-23
17:30までに直接うるおい広場へお越しください
参加費:無料
主催 : 「隅田川森羅万象墨に夢」実行委員会 墨田区 北斎ヨガ実行委員会
問合せ:北斎ヨガ実行委員会 yahiro8(ヤヒロエイト)内 03-6759-0945

#ヤッホー隅田川
#宵闇に大声快感
#隅田川でココロの洗濯
#愛する人にサプライズ告白
#聞いてくれる人がいる
#声が届くってなんかうれしいね
#声が川をわたってピカピカ光るよ

#野性フッカツ
#ワタシの愛を受けとめて
#子どもたちよ夜にむかってほえろ
#内蔵デトックス
#かなりストレス発散です
#ノドもココロも震えますぅ
#対岸プロポーズってロマンチックすぎじゃね
#そうか命が叫びたがってるんだ

#ただの友達から一歩踏みだす叫び
#叫びはニンゲンの本能なのか
#気の小さい私がこんなでっかい声だせるとは
#おなかの底から声をだしたらおなかがへった
#クヨクヨ退治
#みんな愛を叫ぼうぜ
#大声だしたら元気でた

#参加型イベント #参加者募集 #ヤッホー #見えない声の橋を架ける

#すみゆめ #隅田川森羅万象隅に夢

広告

絵と踊る

yahiro8 で10 /8まで、絵の展示がありました。高校時代に美術部だった旦那さんらによる、高校美術部の先生とOBたちによる絵画展です。。30年以上を経て、高校時代の仲間が集い、様々な絵が飾られる。集った仲間の、話し声も絶えず賑やかな時間でした。
絵は実に様々でしたが、全体にいい空気が流れていて。
最終日、踊りで参入! みなさんと、場を楽しめて、ありがたや。最後は、土間に見ている人も巻き込んで絵を描いて いい時間でした。ありがとうございました。

声を、架ける。【パフォーマンスイベント開催】

dav

大きな川の向こう岸にヤッホーと声を響かせてみる、壮大なる企画を立てました(とりあえず壮大といってみた)
人の生身のパワーがどこまで届くのか。何人の声だったら届くのだろう。これは実験です。当日集まった方にもご協力いただく川向こうへ声を届ける実験パフォーマンス。大きな川に、見えない声の橋を架ける瞬間を、ぜひ目撃してください!

目撃者、参加者 絶賛募集中

日時 3/18(日) 13:00~開催   ※雨のときは 3/21(水)祝  同時刻に延期
※当日10時までにこのHP(ブログ)でお知らせ
http://yasukaokazaki.com にてご確認ください

場所 荒川  13:00に木根川橋 八広方面のたもと集合

当日集合場所へお越し下さい。そこから声を出す場所へ移動します。40分程度のイベントを予定しています。3月の荒川土手は広々として、春風とっても気持ちいいですよ。大きな声を響かせればなおすっきりです

39アートin向島2018 参画企画 http://www.39art.com/
主催 からだアート・オカザキ恭和 http://yasukaokazaki.com

dav
39 特典  声のワークショップ開催
3月9日といえば、サンキューアートの日。ということで、夜はひっそり『サンキュー』と声を響かせるワークショップを開催します。低い声、高い声、まるい声、とがった声、いろんな声をからだと、こころに、響かせて遊びます。どなたでも大丈夫ですので、お気軽にお立ち寄りください。
日時:3/9(金) 19:00~20:00    場所:yahiro 8  墨田区八広4-10-1  参加費:無料

ヤッホー 準備

3月 荒川に 声を架ける ヤッホー トライパフォーマンスをやります (^^)

まずは橋を渡り、歩きながら思索 ではなく単にすっきりするまで散歩を

不思議な煙突発見  ビルと家にかかっていました

帰りにOさん宅により、お話してたら子供たちの勢いに乗って河原へ参上

あれこれアドバイスいただきヤッホー ありがとうございます

そろそろ日時をフィックスしよう!

椿に思う

呑気に日記を書いてしまうことにします、告知したほうがいいことも、宿題も、すっぽかして。
こないだ、椿を買いました。ホームセンターで出会った赤い椿、蕾がこぼれそうな可愛さに、我が家に来てもらうことにしました。

調べてみると、椿は縁起のよろしくない植物でもあり、魔から守る植物でもある。ほほう、どっちもありなんですね。

翌日に椿を購入した話しをしたら、椿は花がぽたっと根こそぎ落ちるから縁起がよくないと、言われました。その人はそれを信じていました。
わたしはといえば、常緑の木で結界を張る植物であるという話を信じることにしました。玄関まわりに置いてみたとき、場が凛として、我が家にとっては、摩や邪から守ってくれる木なのだと感じたから。すごく個人的な感性ですが、それこそ一番大事なところだと思うのです。現物しているモノは、ありのままそこにあるだけ。善し悪しは人が思うこと。

自分の感覚が赴くほう、でいい。氣の持ち用を試されているなあと思いました。
結界を張るという言葉が似合う我が家の椿さん。どんな花なのかな。咲くまでもう少しです。

しわがれたミカンが美味い

できるだけ自然のまんまに近い無農薬のミカンを取り寄せた。写真では確認したが、箱をあけるとけっこう皮に傷やシミがある。きれいなミカンもある。大きさはまちまち、揃ってなんかいない。大人しくなく、あっちこっち飛び出してる感じがする。

そしてこの無農薬ノーワックスのミカンは、なんともしわがれてからが美味しい。味が濃くなり酸味もほどよくなる。昨年は有機肥料のミカンを買っていた。ところが、けっこう腐らせてしまった。有機肥料の野菜も同じようにいくつか腐らせてしまった。自然栽培と有機肥料ものはだいぶ中味が違うみたい。有機肥料のものは、ぶよっと腐っていったりする。自然に近い状態の果物は、腐らずに乾燥してしわがれる、ほっておくとカチコチになる。
しわがれてなお美味しいミカン。我もかくありたい。歳をとるほどに、味わい深くなろう。人も自らの自然さを培おう。

北斎ヨガchannelはじめます

先ほど電波テストが良好で、最初のゲストの岩井さんともいいお話できて嬉しかったので、勢いで書いてしまいます、ヤッホー!

北斎ヨガのYouTubeライブをはじめます

月に一回くらいのペースでいろをな場所へおじゃましてライブレッスンしたり、我が家yahiro 8にお招きしたりする予定

毎回スペシャルゲストの方々に北斎ヨガのポーズをひとつ体験していただき、そのあとゲストとあれこれお話タイムです、徹子の、ならぬ やすかの部屋なイメージです

初ゲストは、墨田区八広にある岩井金属金型製作所の方々!

こちらの写真の町工場から配信します

YouTubeライブとFacebookライブも同時にやってみます、上手くいくかな?

はじめてのことはウズウズドキドキしますね

YouTubeライブは明後日

2018 1/26金 19:00~

あらためて放送リンクお知らせします しばしお待ちください

くわらんか

どう発音するのかわからない
”くわらんか”
やさしい響きをイメージした。
もともとは、江戸時代、大阪淀川で大きな船の乗客に小舟で飲食をうる風習があり
「くわないのか」と呼びかけていた言葉だ。たいそう乱暴に言ったという。
そのときに使われていた器を「くわらんか」と呼ぶ。上品の対局、下品ものでそのなかでも愛着のある類いを「くわらんか」と言う。

なんてことが先日書いたメルカリ中毒の派生物としてわかってきた。メルカリに出品することで、モノへの眼差しを問われ、人に伝えるために調べることが多くなったのだ。

もうひとつ器に興味をもちだしたキッカケがある。一昨年から動体WSでお世話になっている深谷正子さんのスタジオで開かれた新年会にうかがってのカルチャーショック。素敵なお宅だった。あげればきりがないので器に絞ると、ご自宅にある器はどれも味わい深い。同じようなテイストでも、同じものは少なく、作家さんの器も多い。暮らしの中に、作家さんが共存していた。深谷さんが多くの人を巻き込んで作品を創りだすことに通じているとも思った。
自分は、どうでもいい器をつかっているのにも氣づいてしまった。自分にとっての好きな器をあらためて知りたくなった。自分は暮らしに作家さんの器を取り入れるだろうか?取り入れるとしたらどんな作家さんなのか?

そうして”くわらんか” が氣になった。かつては大衆が用いた日常もの、多くの人の手に届くがなかでも愛着がわくもの、捨てがたいもの。ちなみに食べおえた器は川へ投げ捨てたともいわれている。
”くわらんか”は船の上でも倒れないように、高台がどっぷりとして重たいのが特徴だ。身体でいえば下半身の安定だろう。そして誰の手にもなじみやすい形なのだろう。それを動きにたとえたら日常を残しつつどこか愛着のわく動きや感覚か。捨てられても、拾われる存在。

氣になるモノから自分が生み出したいものを見知る。
寒い寒い。家でぬくぬくしながらできる作業に自然と向いてしまう小正月だった。

 

img_20180115_141510431635128.jpg

我が家の”くわらんか”。本物ではない。アジアの雑器で粗い作り、いわゆる下品ものの類い。店でみかけたときから、愛着が湧いて購入。使いたおしている。

メルカリ中毒

年末にメルカリを初体験
最初はとにかくモノがはければよかった

とんでもなかった そんなシンプルなことにはならず

最初は
モノがなくなればいいくらいだったのが
ちょっとでもお金になったらいい
しだいに
もっとお金になるんじゃないか
しまいには
レアものだし分かる人に売れたらいい、高くていいさ

そうやって欲望がずんずん出てくる

とうとう、このところはずーっとスマホいじっている

めるかりめるかりめるかり(テクマクマヤコン風)
誰か商品みてくれたかしら?

アホ===ッ と喝入れしたい状況  あらゆることが後回し
朝から晩まで メルカリにやられている
5分もすると反応どれくらいあった氣になってしまう

ただよかったこともある
モノについて どんなモノに囲まれていたいのか
考える契機にはなった

今はゲームにはまった人と同じようなのかもしれない

最初の一歩は、さっぱりしたかった、モノを大事にするのもいいと思った

そこから数百円でも売り上げになるとうれしい欲望が、、、
今となっては経済社会の虜と化してしまったかのよう

いつまで続くんだか この中毒症的はまり具合よ

 

 

15年前以上のウェットスーツも旅立った ポーズは北斎ヨガ 海で泳ぐアマさんのポーズ

明けましておめでとうございます!

実家に歩いて帰ってみよう

と年末思い立ち 3日 試しに10キロを歩いて帰りました。

八広→歩き→鐘ヶ淵駅→電車→柏駅→歩き→茨木守谷市みずき野

というルートを選択

柏駅から木村家の実家まで10キロをひとり歩きです 旦那さんとは実家で合流

大きな利根川を歩いて渡るのが気持ちとしてはメインイベント

河川敷がとても長かったなぁ

すごく風が冷たくて頬が凍りそう、風にとばされそう

それもみないい経験

橋を 川を 渡るだけ

ですが、高揚してひとり気分もりあがり♪

今日は風の音もすごくて風にも命があると感じました

2018年 喜びをからだを通じて提供していこうと、確認できた最初の一歩となりました

 

 

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

ヨガクラス案内

ゆったり関節やこわばりをほどいたあと、ヨガのポーズ通して体と心のすみずみにまで意識をむけていきます。穏やかさ、寛ぎ、本来の自然さへと戻っていきます。ヨガが初めての方こられることも多いです。ほっこり少人数制ですので、お気軽におこしください。

ヨガクラス(リラックス) ほぼ毎週月曜  夜 19:00~20:30
ヨガクラス(リフレッシュ)ほぼ毎週土曜  昼 10:30~12:00

詳しい案内はコチラをご覧ください

【 ヨガをやってみたい方へ メッセージ 】

たとえば ニコリと 微笑んでいるとき
からだは緩んでいて温かです

ムカついて 憤慨していると
握りこぶしにギュッと力が入ったり 全身強ばりがちに

こころとからだは直結しています
からだを調えると自然に気持ちも穏やかになります

心身の調和

それはふとハミングしてしまうような軽やかさ
ゆったり呼吸している気持ちよさ
たおやかでぶれない安心感
健やかな生活の土台
からだをほぐして、こわばりをとっていく
こころのこわばりも徐々にほどけていきます
芯からすっきり伸びる心地よさがやってきます
生きる力、命の源泉ともいえる氣
ヨガでいうところの”プラーナ”がたっぷり取り込めます

からだは魂の乗り物でもあります

どこか痛いと、やる気がでないように、反対に
からだの調子が整うと気分もよくなり
生きる力が湧いてきます
やさしさ、愛情、智慧も育まれます

人は生きながらにして神様にも悪魔にもなれる存在

健やかに
いのち煌めかせて生きましょう

ヨガはそのベースづくりに役立ってくれますよ

 

 

 

内なる神様は、なんとなく

 

「なんとなくこっち!」

理屈では計りがたい「なんか、そっちがいいから、そこへいきたいから」という感覚は神様からのMessageだ、と最近思う。
今日は小唄の稽古で東駒形へ出向いていた。稽古がおわり、錦糸町まで届け物をする予定にしていたのものの、、。

ふだんだったらあえては行かない東駒形のあのカフェにいきたい、とよぎる。とはいえ、予定通り届け物をするか、といい子ちゃんのわたしは歩き出す。、、、やっぱりいきたいなぁ、、、。届け物を郵送にしてもいいかどうか電話してみようと、振り向いたら郵便局が見えた。これサイン、郵送でいいよというサインだ。電話した担当者はなんとなく今日のほうがありがたそうだったけれど、週明け郵便で着くのでも問題ないとのことで、そうさせてもらった。目の前の郵便局であっさり配送手配をとる。そしてカフェへ!

カフェにいったら、目の前に刺繍が飛び込んできた。

たまたま21~24の3日間展示をしているそう。その刺繍、今の自分にグッときた。目の前で、すごーく近寄って見るのがいい。作家さんのピュアな創作エネルギー、命のエネルギーがある作品だった。来てよかった。

そっか、このエネルギーを感じたらいいよと、魂さんがアンテナでキャッチしたんだな。

気分に感覚にちょうど合う「もの、人、出来事、気持ち、ひらめき」全部サインである。気乗りしないものは無理しなくていい。けれど、怠けたいだけのときもあるから要注意。なんとなくそっち、というなんとなくの基本は心が明るくなるほうだ。明るく気分がよくなるほうへゴー!

タイトル未定

先週はまいった。久しぶりに事務仕事に追われ、朝ご飯も食べずにパソコンと書類とにらめっこ。銭湯バカンスの報告書を書いていた。

「なんでこんなことしてるんだろう?なんでいいだしちゃったんだろ?」

この類いの自問はたまにある。なぜこんなことしているのか?と己を冷ややかに見てしまう我よ。冷ややかな己の目線がでてくるとき、自分は何をやりたがっているのか、逆によくわかる。書類申請も報告も苦手だが、どうせやるなら手掛ける自分も見ている人も、目が覚めるハッとするアートをやりたいのだという想いがクリアになった。

銭湯バカンスは地域のイベントとしては成功したと思う(といってしまおう)。すみだクリエイターズクラブのみなさんの力で、これだけ協力しあえることがほんとに不思議で、結果400人以上を動員するイベントになった。ありがたや。地域密着の、人のつながりをつむぐあったかいイベントだったと思う。ある意味、かつての自分はそれを望んだ瞬間があった。

今そこからもう一歩先へ進みたい自分がいて。(銭湯バカンス自体は今のスタンスでも充分いいと思う。)

そして最近ダンスをいくつか観ている、いいダンスもいい舞台もある。が、、、、既存の仕組みのなかにあるものは、、、、なかなか揺さぶられない、、、、。

むーーーーーわたしよ。

昨年からキャッキャといっていたこと、川辺から向こうの川辺にヤッホーと大勢でいったら伝わるか試してみたいだとか、北斎の絵からヨガではなく何か身体表現できないかとか。ゆるり取り組み始めていることを形にしたいのであるが、今迄見知っていた既存のスタイルではないらしい、頭にぼやんと立ち上ることが。

さてはて。これ以上考えていると立ち往生のままになりそうなので、まずは手をつけられそうなところからやってみよう。これまた地道な事務作業になるが、北斎ヨガの商標をとりにいこか。人の声について、どこでどんな研究がされているか調べてみよう。そして北斎が描いた絵をみながら地道にどんな身体表現ができるか動いてみよう。さあて、これがどう組み合わさっていくかしら?

こんなときは天に委ねて、今できることをしていこう。

 

 

 

 

 

ふれあいDJ

秋に銭湯バカンスという、銭湯を舞台に色々なイベントを開催する、企画進行をさせてもらいました。

そのとき、銭湯DJというイベントを すみだクリエイターズクラブの八島さんが企画してくださり、
お手伝いに入りまして、、、、、、目がぱちくり

お客さんがノリノリに踊っている!

DJ岸野雄一さんたちによる素晴らしい選曲で、場内大盛り上がり。
DJのみなさまの力が大きいのは重々承知ですがある意味、
音楽次第で人は自然に踊れるんだなぁ。

24130429_1553784018036462_1511271223662189389_o.jpg

※ 銭湯DJ   @ 薬師湯 撮影 馬杉真理子

24273084_1374802002642715_576628878_n.jpg

※岸野さんの衣装ナイスすぎ 記念撮影してもらいました

 

そして、おもいたって
竹ノ塚のふれあいセンターで毎週おこなっているダンスクラブ(障害者のある方対象)でも
DJ風にいろんな曲をかけてみることにしました。
なんちゃってDJ タイムです。

正しく動けるよりも
楽しく踊って元気いっぱいなってくれたら何よりなのです
今日はi-phoneに、洋ものから美空ひばりからJ-POPやら ノリのよい曲をいっぱい集めて
シャッフル機能ONにしてスタート

『ノル』という感覚が生まれた瞬間もあり。ちなみに一番ノッていたのはサポートしてくれるスタッフさんだったかな^^

途中ストレッチいれたり、マライヤキャリーのクリスマス曲の振付けを間にはさみまして

最後はサカナクションで〆
おわったあとも
スタッフさんは鼻歌まじりで片付けていたり
いつも以上にお手伝いしてくれる利用者の皆様の姿もあり。えがったえがった〜。

地域での活動が、こんな形でダンスのお仕事に反映されることもある。
面白いものですね。
それだけ、銭湯DJの影響があったわけで。感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるっこい人々

葛飾北斎がてがけた北斎漫画には
まるっとした人が登場します

可愛らしいまるさです

今日は まるっとした人を真似てポージングしたり
連続して動いてみました。

座る 寝る といった畳生活が浮かびました。今回の人物たちは半畳にでもおさまりそうな動きです。

地味めな絵にも北斎は微細に変化をつけていて
ユーモアも健在
一見だらりとした人にみえますが、何かひっかかりのある姿だったり

からだで北斎漫画を解読する試み

学ぶは真似ぶ、
まねることからといいますが
まさに、
北斎が注目していたところなどじわじわ感じられて、興味深いです。

おまけ

写真を撮っていたら、コタツからでてきました
チロさん、のぼせたのかな? ぼーっ

バカヤローと叫んだら

このところモヤモヤしてしました。
モヤモヤにしばし耐えて
モヤモヤの正体を見据えてみました。

すると

『バカヤローっ!!!』ト叫びたい ことが大きく3つありました

1

ある人にいいたい

気をもたせやがって バカヤロー!!!

※日常のごくささいな出来事です 気にしないそぶりをするほど、気になっていることに
氣ずきました 笑

2

別のある人に

その意見にはどうにも同意できそうになく

さよならになってもバカヤロー
仕方ないのだ

※こちらは、やや深い問題ですが、自分の考えがはっきりしないゆえにモヤっているともいえます

3

自分に

つべこべと考えてやまないなら 決めろバカヤロー
踊りたいなら踊れ 創りたいなら創れ
アホタレ

 

こうして

『バカヤロー』

と書いて心のうちで雄叫びあげましたら
気持ちがはっきりして 前向きなイメージが浮かんだり コトが進行しだしました

すでに

1の案件は現実でも新たな展開になり 解決

2は、反発はおさまり 3の本音の、踊りを創ることに邁進したら、解決される氣がしました

覚悟などと気張ることをせずとも 本音を救い出せばあとは進みだす

モヤモヤした気持ちと向き合うことは 「感情を調えるヨガ」ではないかと
ハッとしました
曇りガラスのようなもやっている心内と向き合うことで、気持ちがスーッとして
流れがよくなる、本音がみえてくる

これは身体を調えるときのヨガと同じ仕組みだと(そのところは、あらためて書いてみます)

本質は、なにごともシンプルですね

 

 

 

もいちどはじまり

年末ですよ
奥さん

おくさーん

片付けスイッチが入りました

ふっるい i BOOK
i Tune から整理しはじめ

5年くらいほっといた音楽たち

聴いてみたら
からだが新鮮に反応
イメージ拡がり

踊れるではないですか。踊ってしまいました。

たまたまおととい銭湯DJ を手伝い 曲にノリノリのお客様をみながら障害のある方とのダンスも音楽ガンガンかけてディスコ?DJ ?風はどうだろうと目論んでいたり

なんやかや音楽、音に反応しています

 

 

話しは変わりますが
実は20年以上ご無沙汰の大学の友と
茶を飲む機会が目前にあります

ひっさしぶりなR社時代の同期会の知らせも来ています

占星術をしたらば、新たに再出発の時ですと
カードをきられる時期ではないかと思う程に

変わるときな氣がしますよ、奥さーん

 

音と身体表現する企画
いくどか頭に浮かびくるも あともうひとつピースがはまれば、、、