ヤッホー 準備

3月 荒川に 声を架ける ヤッホー トライパフォーマンスをやります (^^)

まずは橋を渡り、歩きながら思索 ではなく単にすっきりするまで散歩を

不思議な煙突発見  ビルと家にかかっていました

帰りにOさん宅により、お話してたら子供たちの勢いに乗って河原へ参上

あれこれアドバイスいただきヤッホー ありがとうございます

そろそろ日時をフィックスしよう!

広告

椿に思う

呑気に日記を書いてしまうことにします、告知したほうがいいことも、宿題も、すっぽかして。
こないだ、椿を買いました。ホームセンターで出会った赤い椿、蕾がこぼれそうな可愛さに、我が家に来てもらうことにしました。

調べてみると、椿は縁起のよろしくない植物でもあり、魔から守る植物でもある。ほほう、どっちもありなんですね。

翌日に椿を購入した話しをしたら、椿は花がぽたっと根こそぎ落ちるから縁起がよくないと、言われました。その人はそれを信じていました。
わたしはといえば、常緑の木で結界を張る植物であるという話を信じることにしました。玄関まわりに置いてみたとき、場が凛として、我が家にとっては、摩や邪から守ってくれる木なのだと感じたから。すごく個人的な感性ですが、それこそ一番大事なところだと思うのです。現物しているモノは、ありのままそこにあるだけ。善し悪しは人が思うこと。

自分の感覚が赴くほう、でいい。氣の持ち用を試されているなあと思いました。
結界を張るという言葉が似合う我が家の椿さん。どんな花なのかな。咲くまでもう少しです。

しわがれたミカンが美味い

できるだけ自然のまんまに近い無農薬のミカンを取り寄せた。写真では確認したが、箱をあけるとけっこう皮に傷やシミがある。きれいなミカンもある。大きさはまちまち、揃ってなんかいない。大人しくなく、あっちこっち飛び出してる感じがする。

そしてこの無農薬ノーワックスのミカンは、なんともしわがれてからが美味しい。味が濃くなり酸味もほどよくなる。昨年は有機肥料のミカンを買っていた。ところが、けっこう腐らせてしまった。有機肥料の野菜も同じようにいくつか腐らせてしまった。自然栽培と有機肥料ものはだいぶ中味が違うみたい。有機肥料のものは、ぶよっと腐っていったりする。自然に近い状態の果物は、腐らずに乾燥してしわがれる、ほっておくとカチコチになる。
しわがれてなお美味しいミカン。我もかくありたい。歳をとるほどに、味わい深くなろう。人も自らの自然さを培おう。