北斎ヨガchannelはじめます

先ほど電波テストが良好で、最初のゲストの岩井さんともいいお話できて嬉しかったので、勢いで書いてしまいます、ヤッホー!

北斎ヨガのYouTubeライブをはじめます

月に一回くらいのペースでいろをな場所へおじゃましてライブレッスンしたり、我が家yahiro 8にお招きしたりする予定

毎回スペシャルゲストの方々に北斎ヨガのポーズをひとつ体験していただき、そのあとゲストとあれこれお話タイムです、徹子の、ならぬ やすかの部屋なイメージです

初ゲストは、墨田区八広にある岩井金属金型製作所の方々!

こちらの写真の町工場から配信します

YouTubeライブとFacebookライブも同時にやってみます、上手くいくかな?

はじめてのことはウズウズドキドキしますね

YouTubeライブは明後日

2018 1/26金 19:00~

あらためて放送リンクお知らせします しばしお待ちください

広告

くわらんか

どう発音するのかわからない
”くわらんか”
やさしい響きをイメージした。
もともとは、江戸時代、大阪淀川で大きな船の乗客に小舟で飲食をうる風習があり
「くわないのか」と呼びかけていた言葉だ。たいそう乱暴に言ったという。
そのときに使われていた器を「くわらんか」と呼ぶ。上品の対局、下品ものでそのなかでも愛着のある類いを「くわらんか」と言う。

なんてことが先日書いたメルカリ中毒の派生物としてわかってきた。メルカリに出品することで、モノへの眼差しを問われ、人に伝えるために調べることが多くなったのだ。

もうひとつ器に興味をもちだしたキッカケがある。一昨年から動体WSでお世話になっている深谷正子さんのスタジオで開かれた新年会にうかがってのカルチャーショック。素敵なお宅だった。あげればきりがないので器に絞ると、ご自宅にある器はどれも味わい深い。同じようなテイストでも、同じものは少なく、作家さんの器も多い。暮らしの中に、作家さんが共存していた。深谷さんが多くの人を巻き込んで作品を創りだすことに通じているとも思った。
自分は、どうでもいい器をつかっているのにも氣づいてしまった。自分にとっての好きな器をあらためて知りたくなった。自分は暮らしに作家さんの器を取り入れるだろうか?取り入れるとしたらどんな作家さんなのか?

そうして”くわらんか” が氣になった。かつては大衆が用いた日常もの、多くの人の手に届くがなかでも愛着がわくもの、捨てがたいもの。ちなみに食べおえた器は川へ投げ捨てたともいわれている。
”くわらんか”は船の上でも倒れないように、高台がどっぷりとして重たいのが特徴だ。身体でいえば下半身の安定だろう。そして誰の手にもなじみやすい形なのだろう。それを動きにたとえたら日常を残しつつどこか愛着のわく動きや感覚か。捨てられても、拾われる存在。

氣になるモノから自分が生み出したいものを見知る。
寒い寒い。家でぬくぬくしながらできる作業に自然と向いてしまう小正月だった。

 

img_20180115_141510431635128.jpg

我が家の”くわらんか”。本物ではない。アジアの雑器で粗い作り、いわゆる下品ものの類い。店でみかけたときから、愛着が湧いて購入。使いたおしている。

メルカリ中毒

年末にメルカリを初体験
最初はとにかくモノがはければよかった

とんでもなかった そんなシンプルなことにはならず

最初は
モノがなくなればいいくらいだったのが
ちょっとでもお金になったらいい
しだいに
もっとお金になるんじゃないか
しまいには
レアものだし分かる人に売れたらいい、高くていいさ

そうやって欲望がずんずん出てくる

とうとう、このところはずーっとスマホいじっている

めるかりめるかりめるかり(テクマクマヤコン風)
誰か商品みてくれたかしら?

アホ===ッ と喝入れしたい状況  あらゆることが後回し
朝から晩まで メルカリにやられている
5分もすると反応どれくらいあった氣になってしまう

ただよかったこともある
モノについて どんなモノに囲まれていたいのか
考える契機にはなった

今はゲームにはまった人と同じようなのかもしれない

最初の一歩は、さっぱりしたかった、モノを大事にするのもいいと思った

そこから数百円でも売り上げになるとうれしい欲望が、、、
今となっては経済社会の虜と化してしまったかのよう

いつまで続くんだか この中毒症的はまり具合よ

 

 

15年前以上のウェットスーツも旅立った ポーズは北斎ヨガ 海で泳ぐアマさんのポーズ

明けましておめでとうございます!

実家に歩いて帰ってみよう

と年末思い立ち 3日 試しに10キロを歩いて帰りました。

八広→歩き→鐘ヶ淵駅→電車→柏駅→歩き→茨木守谷市みずき野

というルートを選択

柏駅から木村家の実家まで10キロをひとり歩きです 旦那さんとは実家で合流

大きな利根川を歩いて渡るのが気持ちとしてはメインイベント

河川敷がとても長かったなぁ

すごく風が冷たくて頬が凍りそう、風にとばされそう

それもみないい経験

橋を 川を 渡るだけ

ですが、高揚してひとり気分もりあがり♪

今日は風の音もすごくて風にも命があると感じました

2018年 喜びをからだを通じて提供していこうと、確認できた最初の一歩となりました

 

 

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

ヨガクラス案内

ゆったり関節やこわばりをほどいたあと、ヨガのポーズ通して体と心のすみずみにまで意識をむけていきます。穏やかさ、寛ぎ、本来の自然さへと戻っていきます。ヨガが初めての方こられることも多いです。ほっこり少人数制ですので、お気軽におこしください。

ヨガクラス(リラックス) ほぼ毎週月曜  夜 19:00~20:30
ヨガクラス(リフレッシュ)ほぼ毎週土曜  昼 10:30~12:00

詳しい案内はコチラをご覧ください

【 ヨガをやってみたい方へ メッセージ 】

たとえば ニコリと 微笑んでいるとき
からだは緩んでいて温かです

ムカついて 憤慨していると
握りこぶしにギュッと力が入ったり 全身強ばりがちに

こころとからだは直結しています
からだを調えると自然に気持ちも穏やかになります

心身の調和

それはふとハミングしてしまうような軽やかさ
ゆったり呼吸している気持ちよさ
たおやかでぶれない安心感
健やかな生活の土台
からだをほぐして、こわばりをとっていく
こころのこわばりも徐々にほどけていきます
芯からすっきり伸びる心地よさがやってきます
生きる力、命の源泉ともいえる氣
ヨガでいうところの”プラーナ”がたっぷり取り込めます

からだは魂の乗り物でもあります

どこか痛いと、やる気がでないように、反対に
からだの調子が整うと気分もよくなり
生きる力が湧いてきます
やさしさ、愛情、智慧も育まれます

人は生きながらにして神様にも悪魔にもなれる存在

健やかに
いのち煌めかせて生きましょう

ヨガはそのベースづくりに役立ってくれますよ