バカヤローと叫んだら

このところモヤモヤしてしました。
モヤモヤにしばし耐えて
モヤモヤの正体を見据えてみました。

すると

『バカヤローっ!!!』ト叫びたい ことが大きく3つありました

1

ある人にいいたい

気をもたせやがって バカヤロー!!!

※日常のごくささいな出来事です 気にしないそぶりをするほど、気になっていることに
氣ずきました 笑

2

別のある人に

その意見にはどうにも同意できそうになく

さよならになってもバカヤロー
仕方ないのだ

※こちらは、やや深い問題ですが、自分の考えがはっきりしないゆえにモヤっているともいえます

3

自分に

つべこべと考えてやまないなら 決めろバカヤロー
踊りたいなら踊れ 創りたいなら創れ
アホタレ

 

こうして

『バカヤロー』

と書いて心のうちで雄叫びあげましたら
気持ちがはっきりして 前向きなイメージが浮かんだり コトが進行しだしました

すでに

1の案件は現実でも新たな展開になり 解決

2は、反発はおさまり 3の本音の、踊りを創ることに邁進したら、解決される氣がしました

覚悟などと気張ることをせずとも 本音を救い出せばあとは進みだす

モヤモヤした気持ちと向き合うことは 「感情を調えるヨガ」ではないかと
ハッとしました
曇りガラスのようなもやっている心内と向き合うことで、気持ちがスーッとして
流れがよくなる、本音がみえてくる

これは身体を調えるときのヨガと同じ仕組みだと(そのところは、あらためて書いてみます)

本質は、なにごともシンプルですね

 

 

 

広告